恐竜図鑑です。

その他の白亜紀Other Cretaceous

アナゴードリセラス Anagaudryceras 白亜紀 アンモナイト類。

アーケアンサス Archaeanthus 白亜紀に生息した被子植物の一種。学名は「最初の花」を意味しており、花はモクレンに似ている。凹の字型の葉も特徴的。

アルカエフルトゥクス Archaefructus 白亜紀前期  姿のわかる最古の被子植物。

アーケロン Archelon 白亜紀後期4mのカメ。甲羅は柔ら皮状だった。

ベルゼブフォ Beelzebufo 白亜紀 41cm 両生類 史上最大級のカエルで、恐竜の子供も食べていたと見られている。

Callichimaera perplexa

チャンプソサウルス Champsoaurus 白亜紀〜第三紀中期 1.8~2.5mの爬虫類。 ワニ類ではなくコリトスデラ類。恐竜絶滅の時代を生き抜いた。

チュプカオルニス・ケラオルム Chupkaornis keraorum

コンフウシウソルニス Confuciusornis 白亜紀前期 スズメ大の古鳥類。恐竜の面影を残しながら、口は歯のない嘴のようになっている。

Cratoavis cearensis

クレトダス Cretodus

クレトキシリナ Cretoxyrhina mantelli 白亜紀 6m 最強のサメ類と言われている。

キカデオイダア Cycadeoidea 三畳紀〜白亜紀 3mの裸子植物。球形の幹を持っている。

デイノスクス Deinosuchus 白亜紀末期 10~15m 史上最大級のワニ類。恐竜も餌にしていた。

ダイセラス Diceras 白亜紀 10cmの厚歯二枚貝類。

ディディモセラス Didymoceras 白亜紀 高さ15cmのアンモナイト類。

ディデルフォドン Didelphodon 白亜紀後期 0.4mの肉食ほ乳類 初期の有袋類で、この時代のほ乳類としては最大級。

エオマイア Eomaia 白亜紀 10cmの哺乳類。樹上生活をしていたと思われる。

ユーボストリコセラス Eubostrychoceras 白亜紀 7cmのアンモナイト類。 バネのような形で垂直方向に成長している。

ゴビコノドン Gobiconodon 白亜紀 40cmの哺乳類。比較的大きな体を持っていた。

ハボロテウティス・ポセイドン Haboroteuthis poseidon 白亜紀 10~12mのツツイカの仲間。

ヘスペロルニス Hesperornis 白亜紀後期 約1.5mの魚食鳥類。翼は小さく,大きな後ろ足で力強く泳いでいた。

イクチオルニス Ichthyornis 白亜紀後期 20cmの鳥類。 現在のアジサシに似ているが,指がありクチバシには歯がある。

イノセラムス Inoceramus 白亜紀末に繁栄した二枚貝。

カガナイアス Kaganaias 白亜紀 50cmの爬虫類ドリコサウルス類。

マウソニア Mawsonia 白亜紀 4mの肉食魚類。 現在のシーラカンスを大型にした感じ。

モンテアルトスクス Montealtosuchus 白亜紀 爬虫類

モンチリクタス クワ ジマエンシス Montirictuskuwajimaensis 白亜紀前期 トリティロドン科の単弓類。

ナジャシュ Najash 白亜紀 2mの爬虫類ヘビ類。後ろ足があった。

ナナイモテウティス・ヒキダイ Nanaimoteuthis hikidai 白亜紀 コウモリダコの仲間 2.4m

ニルソニオクラダス Nilssoniocladus nipponensis 白亜紀前期

ニッポニテス・ミラビリス Nipponites mirabilis 白亜紀 直径5.5cmの異常巻きアンモナイト類。 日本の化石の代表としても知られており、複雑な殻の巻き方には規則性がある。

オンコプリスティス Onchopristis  の白亜紀後期8mの魚類。スピノサウルスと一緒に発見されている。

パカスクス Pakasuchus 白亜紀 爬虫類

パキラキス Pachyrhachis 白亜紀 爬虫類

プラセンチセラス Placenticeras

ポリプチコセラス Polyptychoceras  白亜紀 7cmのアンモナイト類。 まっすぐのびた殻が180度方向を変えるということを繰り返した異常巻きアンモナイトの一種。

プロトスフィラエナ Protosphyraena

シュードメガカスマ Pseudomegachasma

プティコダス Ptycodus 

プルガトリウス Purgatorius  白亜紀後期 10cmの哺乳類。最古の霊長類と言われているが、まだはっきりと分かっていない。

ラディオリテス Radiolites  白亜紀 殻の直径が2~6cmの厚歯二枚貝類。蓋付き湯飲み型と言われている。 Repenomamus 白亜紀前期 1mの肉食ほ乳類。 当時のほ乳類としては大型で恐竜の子どもなども襲っていた。

レペノマムス   Repenomamus 白亜紀前期 1mの肉食ほ乳類。 当時のほ乳類としては大型で恐竜の子どもなども襲っていた。

サルコスクス Sarcosuchus 白亜紀 12mの爬虫類ワニ形類。

サウロドン Saurodon 白亜紀 2mの魚類。 下顎が槍のように伸び、海底の泥を掘り起こして捕食していたと考えられている。

シモスクス Simosuchus 白亜紀 1.2mの爬虫類。

スクアリコラックス squalicorax

テルミノナリス Terminonaris(Big Beat) 白亜紀後期 6m 肉食

テトラポドフィス  Tetrapodophis amplectus 白亜紀前期 手足のあるヘビの祖先。

トリボーダス Tribodus 白亜紀 最後の「ヒボダス類」と言われている。

ティタノサルコリテス  Titanosarcolites 白亜紀 〜1m以上 厚歯二枚貝類。 哺乳類のツノ型と呼ばれている。

ウインタクリヌス Uintacrinus 白亜紀 1mの棘皮動物ウミユリ類。

ボラティコテリウムVolaticotherium 白亜紀前期 0.14mの昆虫食のほ乳類。ほ乳類の中では最古の飛行動物とされている。

シファクティヌス Xiphactinus  白亜紀 6mの魚類。

Yijenplatycnemis huangi 白亜紀のイトトンボ 脚の装飾は求愛のためだと言われている。

製作中…