恐竜図鑑です。

カンブリア紀Cambrian period

カンブリア紀 Cambrian period

Aglaspis spinifier

アラルコメナエウス  Alalcomenaeus カンブリア紀 6cmの節足動物。ひょうたん型の眼が特徴的。

アムプレクトベルア Amplectobelua カンブリア紀  1mのアノマロカリス類。

Anomalocaris briggsi

アノマロカリス・カナデンシス Anomalocaris canadensis カンブリア紀 0.6~1mの捕食動物。当時としては最大の生物と見られているが、絶滅の原因は謎である。

Agnostus

アパンクラ Apankura カンブリア紀 3.8cm 知られている中では最古の上陸できた可能性のある生物。

アイシェアイア Aysheaia カンブリア紀 6cm の有爪動物。

バンフィア Banffia カンブリア紀 5.5cm

Burgessia

カンプトストローマ Camptostroma カンブリア紀  長径4cm 原始的な座ヒトデ類。

カナダスピス Canadaspis カンブリア紀 北アメリカ、中国 5.2cm の節足動物。胴体は2枚の大きな殻の覆われ、胴体の後部は殻からはみ出していた。

カンブロパキコーペ   Cambropachycope  カンブリア紀中期 1.5mmの節足動物。 一つだけの巨大な複眼が特徴的。エビやカニの仲間に分類されている。

Capinatator praetermissus カンブリア紀 10.1cm 顔面から50本のトゲが突き出している。

チョイア Choia カンブリア紀 5cm 円板状の本体から長いトゲの出ている底生生物。

Collinsium

Cordaticaris

ディアニア Diania カンブリア紀 6cmの葉足動物の一種。研究中に「歩くサボテン」と呼ばれていた。

Dinomischus

エルドニア Eldonia カンブリア紀に生息した20cmの棘皮動物。クラゲのように浮遊していたのか上下逆さまで体の半分を地中に埋めていたのか意見が別れている。

Elrathia permulta

エオポルピタ Eoporpita

エオレドリキア Eoredlichia カンブリア紀に生息した6cmの三葉虫類。

ファシバーミス Facivermis カンブリア紀に生息した7cmの葉足動物。

フキシャンフィア Fuxianhuia カンブリア紀 0.11mの節足動物。 

ガントウクニ ア・アスペラ Gangtoucunia aspera

Gogia

Goticaris

Gyaltsenglossus senis

ハイコウイクチス Haikouichthys

ハルキゲニア・フォルティス  Hallucigenia fortis カンブリア紀 3cmの無脊椎動物有爪動物 背中に7対の短いトゲが並んでいる。

ハルキゲニア・スパルサ  Hallucigenia sparsa カンブリア紀 3cmの無脊椎動物有爪動物 以前まで上下逆さまの形で復元されていた。

Helicoplacus

ハーペトガスター Herpetogaster カンブリア紀 5cm 「這い回る胃」と言う名前を持つ。大部分が胃で構成されている。

フルディア Hurdia カンブリア紀 20cmのアノマロカリス類。

インノヴァティオカリス Innovatiocaris

ケリグマケラ Kerygmachela カンブリア紀 8cm 節足動物やアノマロカリス類の祖先と考えられている。

Kodymirus

Kylinxia

ラッガニア Laggania カンブリア紀  50cmのアノマロカリス類。大きな触手にノコギリ状の突起が並んでいる。

マレッラ Marrella カンブリア紀 カナダ、中国 2.5cmの節足動物。体の一部がCDの裏面のように虹色に輝いていた。

メタスプリッギナ Metaspriggina walcotti カンブリア紀後期 10cmの脊椎動物

メタルデテス Metaldetes

ミクロディクティオンMicrodictyon カンブリア紀 8cm  各脚の付け根に肩当てのような硬組織があった。

ミロクンミンギア Myllokunmingia カンブリア紀前期 3cmの魚類。 知られる限り最後の魚類とされている。

ナラオイア Naraoia カンブリア紀〜シルル紀 5cmの節足動物。三葉虫に近い仲間だとされている。

ネクトカリス Nectocaris カンブリア紀 72mmの頭足類。2010年にイカのような姿に復元され直した。

Odaraia

オドントグリフス Odontogriphus カンブリア紀 6〜12cmの軟体動物。2006年に現在のようば新しい復元像となった。

オレノイデス Olenoidesカンブリア紀 8.5cmの三葉虫。頭部からの触覚と尾部からの尾角がそれぞれ一対出ている。

オパビニア Opabinia カンブリア紀 カナダ 10cmの節足動物。五つの目を持ち、頭部にあるノズルで獲物をとらえていた。

オルソロザンクロス Orthorozanclus カンブリア紀 約1cmの頭足類。

オットイア Ottoia カンブリア紀 15cm 海底に身を潜めていたと見られてい。。

オウァティオウェルミス・クリブラトゥス Ovatiovermis cribratus カンブリア紀 2.5cmの葉足動物。

パフヴァンティア Pahvantia カンブリア紀 24cm アノマロカリス類 

パンブッデルリオン Pambdelurion カンブリア紀 29cm アノマロカリス類の祖先と考えられている。

パラドキシデス  Paradoxides カンブリア紀 20~100cm カンブリア紀の中では最も大きな三葉虫。

パラペユトイア Parapeytoia  カンブリア紀 30cmのアノマロカリス類。 肢を持っていたのが特徴。

パルバンコリナ Parvancorina  エディアカラ紀 2.5cmのベント生物。 動物でも植物でもない生物と考えられている。

Parvibellus atavusgen

パウキポディア Paucipodia カンブリア紀に生息していた8cmの葉足動物。エルドニアと共に発見されることが多く、そこに宿って生活していたと思われる。

Phantaspis

ピカイア Pikaia カンブリア紀 カナダ 6cmの脊索動物。原始的な背骨のようなものがあり、現在のナメクジウオと同じ仲間に分類されている。

ピラニア Pirania カンブリア紀 カナダ、イギリス、モロッコ 3cmの無脊椎動物海綿動物 自分では動き回ることのできない原始的な海綿生物。

Redlichia

Redlichia rex

サッコリタス Saccorhytus カンブリア紀 1.3mm 球または半球状の体に大きな口を持つ。

サッコリタス 2022新復元 Saccorhytus 2022version

サンクタカリス  Sanctacaris カンブリア紀中期 0.1mの節足動物。クモやカブトガニの先祖にあたるものの中でもっとも古いもの。

サルトロセルクス Sarotorocercus カンブリア紀 1.6cm 背中を下にして泳いでいたと考えられている。

シファッソークタム  Siphusauctum  カンブリア紀 20cm チューリップクリーチャーの異名をもつ生物。下の6つの口から栄養分を吸収し、上の穴から排出をしていた。

タミシオカリス Tamisiocaris borealis カンブリア紀中期 1mのアノマロカリス類。触腕がフィルター状で、プランクトンを濾しとって食べていたと思われる。体の部分は発見されていません。

ティタノコリス Titanokorys gainesi

Tuzoia burgessensis

ヴェチュリコラ Vetulicola カンブリア紀 9.2cm 頭部の上下に不思議な形の殻を持つ。

ヴィッタツシヴァーミス Vittatusivermis カンブリア紀 最大26cm 柔らかい全身を持つカンブリア紀最古の大型動物。分類は不明。

ウィワクシア Wiwaxia カンブリア紀 北アメリカ、ロシア、中国 5.5cmの無脊椎動物軟体動物 背中にサーベルのようなとげがあり、全身がうろこに覆われていた。CDの裏面のように虹色に輝いていた。

ウフェンゲラ Wufengella bengtsoni  約 5 億 1800 万年前のカンブリア紀に生息した1.3cmのトモチアン ワームの絶滅種。

シダズーン Xidazoon カンブリア紀 8.5cm

ヤウニック Yawunik 9.5cmのレアンコリア類。長い鞭を持っているのが特徴的。

ユンナノズーン Yunnanozoon  カンブリア紀 4cm 

Zacanthoides grabaui

製作中…