恐竜図鑑です。

デボン紀Devonian period

アカントデス Acanthodes

アカントステガ Acanthostega デボン紀 グリーンランド 60cmの両生類。最も初期の両生類で、8本指のあしを持っていた。

アデロフタルムス Adelophthalmus デボン紀〜ペルム紀 15cmのウミサソリ類。

アゴニアタイテス Agoniatites   デボン紀 アンモノイド類。

アネトケラス Anetoceras   デボン紀 アンモノイド類。

アーケオプテリス Archaeopteris デボン紀 12~20mの初期の樹木

アステロキシロン Asteroxylon デボン紀 高さ40cmの原始的な植物。

ボレアスピス Boreaspis デボン紀前期 0.13mの魚の一種。長く伸びた鼻面と頬から伸びている棘が特徴的。

ボスリオレピス Bothriolepis 

ケファラスピス Cephalaspis  デボン紀 30cmの頭甲類。

ケイロレピス Cheirolepis デボン紀 55cmの初期の条鮨類。

クラドセラケ Cladoselache デボン紀 2mのサメ類。   

コッコステウス Coccosteus デボン紀中期 20~40cmの板皮類。 川や湖などの淡水域に生息していたと考えられている。

ドリアスピス Doryaspis デボン紀 20cm 翼のような構造をもち、吻部からまっすぐ突起が伸びている。

ドレパナスピス Drepanaspis デボン紀前期 0.3mの魚類。 体が幅広く平らで、海底の泥の中を這い回っていたと考えられる。

ダンクルオステウス Dunkleosteus デボン紀後期 6~10mの肉食板皮類の属の一つ。当時の生態系の頂点に経っていたと思われる。

エンテログナトゥス Entelognathus

ユーステノプテロンEusthenopteron デボン紀 カナダ、イギリス 1.5mの硬骨魚肉鰭類。 胸びれの中に腕と良く似た骨を持っており、四足動物への進化の始まりの生物の一種と考えられている。

ハイネリア Hyneria

イクチオステガ Ichthyostega デボン紀 グリーンランド 1mの両生類。陸上で暮らすようになった最初の両生類の一種。

Materpiscis デボン紀 25cmの板皮類。へその緒が発見されている。

Materpiscis デボン紀 25cmの板皮類。へその緒が発見されている。

ミクロブラキウス Microbrachius デボン紀 頭胸部3cmの板皮類。

ミメタスター Mimetaster デボン紀 数cmのマルレロモルフ類。

パレオカリニス Palaeocharinus デボン紀 1cm未満のワレイタムシ類。

パンデリクチス Panderichthys デボン紀 1mの肉鰭類。

プロタカルス Protacarus デボン紀 0.45mm以下の最古のダニ類。

プテラスピス Pteraspis デボン紀 0.25mの魚類。海から川を目指した最初の淡水魚。

レノキステス Rhenocystis デボン紀 10cm 棘皮動物

リニア Rhynia デボン紀 20cmの葉を持たない植物。

シンダーハンネスSchinderhannes デボン紀 10cmのアノマロカリス類。

ティクターリク Tiktaalik デボン紀 カナダ 2.7mの硬骨魚肉鰭類。腕立て伏せが可能で、首を自由に動かすことができた 。

ヴァコニシア Vachonisia デボン紀 数cmのマルレロモルフ類。

製作中…