恐竜図鑑です。

石炭紀Carboniferous period

アクモニスティオン Akmonistion 石炭紀 イギリス 1mの魚類。背中にアイロン台のような作りを持っていた。

アースロプレウラ Arthropleura 石炭紀 2mの節足動物多足類ヤスデ類。基本的には植物食で、森林の中を走り回っていた。 節足動物の仲間としては、 史上最大級である。

バラネルペトン Balanerpeton 石炭紀 44cmの両生類。平たい頭部を持ち、この時代最もは繁栄した一種。

バンドリンガ Bandringa 石炭紀 10cmの軟骨魚類。平たくのびた吻部が特徴的。

カラミテス Calamites 石炭紀 18mの樹木。盧木とも呼ばれる。 

コンヴェキシカリスConvexicaris 石炭紀 2cmの節足動物(甲殻)。大きな複眼を一つだけ持っていた。

クラッシギリヌス Crassigyrinus 石炭紀 2mの両生類。 あしがとても小さく、陸上を歩き回ることはできなかったと考えられている。

ディアデクテス Diadectes 石炭紀 2mの両生類。口先の歯が杭のような円柱形をしていた。

ディチロカリス Dithyrocaris 石炭紀 5cmの節足動物(甲殻)。尾の先は3本の鋭いトゲがついていた。

エダフォサウルス Edaphosaurus 石炭紀後期〜ペルム期前期 3mの原始的単弓類。背中に帆状の大きな突起物を持つ。

エオギリヌス Eogyrinus 石炭紀 4.6mの両生類。 かなり水深の深いところに棲んでいたと思われる。

エスコナイテス Esconites 石炭紀 11cmの無脊椎動物(環形)。ゴカイの仲間で、頭部には触覚があった。

エスクマシア Escumasia 石炭紀 20.5cmの無脊椎動物(刺胞)。Yの字に似ており、詳しい生態はなぞである。

エトブラッティナ Etoblattina 石炭紀 3cmのゴキブリ類。

イタシスティス Etacystis 石炭紀の無脊椎動物

グラフロチトン Glaphurochiton 石炭紀 無脊椎動物(軟体)

ファルカトゥス Falcatus 石炭紀 30cmの軟骨魚類。雄雌と見られる化石が見つかっている。

グリーレルペトン Greererpeton 石炭紀 1.5mの両生類。

ハミルトニクチス Hamiltonichthys 石炭紀 10cmの軟骨魚類(ヒボダス類)。水底付近で暮らしていたと見られる。

ハーパゴフトゥトア Harpagofututor 石炭紀 12cm 雄の頭部に1対の細長い構造物がある。

ヒロノムス Hylonomus 石炭紀 爬虫類

レピドデンドロン Lepidodendron 石炭紀 35~40mにもなる巨木。鱗木とも言われる。

メガネウラ  Meganeura 石炭紀 0.6~0.75mの昆虫 史上最大の昆虫と言われている。

メガロセファルス Megalocephalus 石炭紀 両生類

パレオティリス Paleothyris 石炭紀 20cmの爬虫類。最古のは虫類の一種。

ペデルペス Pederpes 石炭紀 両生類

ペトロラコサウルス Petrolacosaurus 石炭紀 40cmの爬虫類。

プロトファスマ Protophasma 石炭紀 16cmの昆虫類。ゴキブリとカマキリの共通の祖先と考えられている。

サウロプレウラ Sauropleura 石炭紀 両生類

シギラリア Sigillaria 石炭紀 30mの巨木。封印木とも呼ばれる。

ステノディクティア  Stenodictya 石炭紀後期 10cmの節足動物(昆虫綱)3対6枚の翅を持っていた。

トゥリモンストゥルム Tullimonstrum 石炭紀後期 約10cmの脊椎動物。最近ヤツメナギの近縁とされたが、再度否定の意見もあり、結論が出ていない。

トゥリモンストゥルム Tullimonstrum 石炭紀後期 約10cmの脊椎動物。別バージョン。

製作中…