恐竜図鑑です。

シルル紀The Silurian

アクチラムス Acutiramus シルル紀後期〜デボン紀前期 2mのウミサソリの仲間。尾に垂直尾翼のような構造があり、安定した泳ぎができた。  

アンドレオレピス Andreolepis シルル紀 ヨーロッパ 20cmの硬骨魚類条鰭類。 あごを持った初期の魚の一種で、のちにこの条鰭類は大繁栄することになる。

アンモナイト subclassis Ammonoidea シルル紀末〜白亜紀末 大きさは様々で長期間にわたって生息したため、示準化石として有名。

アークティヌルス Arctinurus シルル紀 北アメリカ、ヨーロッパ 13.5cmの節足動物三葉虫類。 頭に先にへらのような部分がある幅の広い三葉虫。全身にブツブツした突起がある。

ブロントスコルピオBrontoscorpio シルル紀 94cmの節足動物鋏角類サソリ類。 ハサミの一部しか発見されていない。水中中心に生活していたが、少しの間なら陸地に上がることもできたと考えられている。

カルシノソーマ Carcinosoma  シルル紀 30cmのウミサソリ類。

カリオクリニテス Caryocrinites シルル紀 北アメリカ、イギリス 19cmの無脊椎動物棘皮動物 ウミリンゴ類の一種で、球状のがくを持っている。

クリマティウス Climatius シルル紀 イギリス 10cmの棘魚類クリマティウス類。 最も初期のあごを持った魚の一種。尾びれ以外のひれに、とげがあった。 

クックソニア Cooksonia シルル紀 6.5cmの維管束植物。根も葉も持たない最も初期の陸上植物。

ドリコフォヌス Dolichophonus シルル紀 5.3cmのクモ類。 知られている中では最古のサソリ類。

ユーリノプテルス Eurypterusシルル紀 28cmのウミサソリ類。多くの化石が発見されており、相当な数がすんでいたと思われる。

ヘミキクラスピスHemicyclaspis シルル紀後期 0.15mの魚類。頭甲の側面と頭頂部には、感覚器官と考えられる構造があった。

フグミレリア Hughmilleria シルル紀 15cmのウミサソリ類。体が小さめで泳ぎが得意であったと考えられている。

イクチオクリヌス Ichthyocrinus  シルル紀 アメリカ 15cmの無脊椎動物棘皮動物ウミユリ類。 5本のうでが先端に行くほど枝分かれしている。

ジャモイティウス Jamoytius シルル紀後期 0.27mの魚類。現在のヤツメウナギに似ている。

ココモプテルス Kokomopterus シルル紀 30cmのウミサソリ類。 脚が泳ぐのには適していなかった。

メガマスタックス Megamastax シルル紀 推定全長1m

ミクソプテルス Mixopterus シルル紀 アメリカ、ヨーロッパ 75cmの節足動物鋏角類ウミサソリ類。 海底を歩くためのあしと泳ぐパドル型のあしの両方を持ったウミサソリ類。

プテリゴトゥス Pterygotus シルル紀〜デボン紀 世界各地 13cm~約2mの節足動物鋏角類ウミサソリ類 尾の先がうちわのように広がり、大変泳ぎに適した形をしていた。

フレボレピス Phlebolepis シルル紀 7cmの無顎類テロドゥス類。 全身がサメ肌のような小さな鱗に覆われ、頭部の先端には平べったく幅の広い口があった。

リンコレピス Rhyncholepis シルル紀 7cの無顎類。

スリモニア Slimonia シルル紀 90cmのウミサソリ類。

トリペレピス Tolypelepis シルル紀 3.5cmの無顎類。

トレマタスピス Tremataspis  シルル紀後期 10cmの甲冑魚。顎がなく、海底付近で暮らしていたと考えられている。

製作中…