恐竜図鑑です。

ペルム紀Permian period

アオルネルペトン  Aornerpeton  ペルム紀前期 50cmの両生類。 四肢を持たないヘビのような動物。

アルケゴサウルスArchegosaurus ペルム紀前期 1.5mの両生類。 外見はワニと似ており、水棲の魚食動物だったと思われる。

ビアルモスクスBiarmosuchusペルム紀単弓類

ブノステゴス  Bunostegos ペルム紀後期 

カコプス Cacops ペルム紀 150cmの両生類。乾燥に強く陸生に適していた。

カセア Casea ペルム紀 1.2mの単弓類。小さな頭に比べて、とても大きな胴体が特徴的。

コエルロサウラユスCoelurosauravus ペルム紀 40cmの爬虫類。

コティロリンクスCotylorhynchus ペルム紀 4mの単弓類。

ディキノドン Dicynodon ペルム紀 単弓類

ディイクトドン Diictodon ペルム紀 45~60cmの単弓類。

ディメトロドン Dimetrodonペルム紀前期 3.5mの単弓類。 背中の大きな帆は、太陽熱の吸収に使われていたと思われる。

ディプロカウルス Diplocaulus ペルム紀 1mの両生類。ブーメランのような頭が特徴的。

エダフォサウルス Edaphosaurus 石炭紀前期〜ペルム期後期 3.3mの原始的単弓類。背中に帆状の大きな突起物を持つ。

エオシリス Eothyris ペルム紀の単弓類。

エリオプス Eryops ペルム紀 2mの半水棲の両生類。

エステメノスクス Estemmenosuchus ペルム紀 4.5mの単弓類。 鬼ような特徴的な形相を持つ。

ユノトサウルス Eunotosaurus ペルム紀 50cmの爬虫類。

ゲオバトラクス Gerobatrachus ペルム紀 10cmの両生類。 

ゴルゴノプス Gorgonops ペルム紀2mの単弓類。

グロッソプテリス Glosspteris ペルム紀~三畳紀 10mのシダ種子植物

ヘリコプリオン(ギンザメタイプ復元) Helicoprion ペルム紀 3mの軟骨魚類。 渦巻き状の奇妙な歯が特徴。復元には諸説ある。

ヘリコプリオン ( 新復元) Helicoprion ペルム紀 3mの軟骨魚類。 渦巻き状の奇妙な歯が特徴。復元には諸説ある。

ヘリコプリオン(旧復元) Helicoprion (old version)

ヒボダス Hybodus ペルム紀末~白亜紀 2,5mの軟骨魚類。

イノストランケビア Inostrancevia ペルム紀後期 4.5mの爬虫類。

ジンバクリヌス Jimbacrinus ペルム紀 無脊椎動物(棘皮)

メソサウルス Mesosaurus ペルム紀前期 1mの爬虫類。水棲の爬虫類の祖先としては最も古い。

リカエノプス Lycaenops ペルム紀 単弓類

ペルトバトラクス Peltobatrachus ペルム紀 70cmの両生類。

プリオノスクス Prionosuchus ペルム紀 1.6mの両生類。

プロコロフォン Procolophon ペルム紀 爬虫類

プロキノスクス Procynosuchus ペルム紀 単弓類

プロトロサウルスProtorosaurusペルム紀爬虫類

Pseudophillipsia

ロバーティア Robertia ペルム紀 単弓類

セコドントサウルス Secodontosaurus ペルム紀 

セイムリア Seymouria ペルム紀前期 50cmの両生類。 水辺に生息していた初期の両生類。

スクトサウルス Scutosaurus ペルム紀 爬虫類

シカマイア Shikamaia akasakaensis  ペルム紀後期 1mの軟体動物門二枚貝綱アラトコンカ科。 工芸品のように美しい史上最大の二枚貝。

テトラケラトプス Tetraceratops ペルム紀単弓類

ティタノフォネウス Titanophoneus ペルム紀後期 3m

ワーゲノコンカ Waagenoconcha 石炭紀〜ペルム紀 7cmの腕足動物。自然に殻の中に水が入る仕組みで、動かずに栄養を取っていた。

製作中…

ペルム紀Permian Period