恐竜図鑑です。

第四紀Quaternary period

アルクトドゥス Arctodus 第四紀 頭胴長2m クマ類。

オーロックス Bos primigenius 第四紀後期(1627年絶滅)250~310cmの哺乳類。家畜牛の祖先。

ダイアウルフ Canis dirus 第四紀  1.5mの哺乳類。史上最大のオオカミと言われている。

ケブカサイ Coelodonta antiquitatis 第四紀 頭胴長4m

ディプロトドン Diprotodon 第四紀 3mの有袋類。

ドードー Dodo 第四紀 人類によって絶滅させられたとされている。1681年に最後の姿が目撃されている。

ドリオピテクス Dryopithecus 第四紀

エラスモテリウム Elasmotherium 第四紀更新世 5mの哺乳類。頭から伸びた2mほどの大きな角が特徴。ユニコーンと間違われたりした。

グリプトドン Glyptodon 第四紀 1~3m アメリカ大陸で生息していたアルマジロの祖先。

ホモ・ハビリス Homo habilis 第四紀 240~140万年前 最も初期のヒト属。

ホモ・ネアンデルターレンシス Homo neanderthalensis 第四紀 35万年前〜2万数千年前 

ホモ・サピエンス・サピエンス Homo sapiens sapiens  第四紀 現存する人類。

マムーサス・コロンビ Mammuthus columbi 第四紀 3.9mのゾウ類。

マムーサス・クレティクス Mammthus creticus 第四紀 1mのゾウ類。

マムーサス・プリミゲニウス Mammuthus primigenius 第四紀 3.5mのゾウ類。

オオツノジカ(和名) Megaloceros 第四紀後期 3mの哺乳類。 非常に大きな角をもち,氷河期を代表する動物の一つ。

メガテリウム Megatherium 第四紀 6mの哺乳類。ナマケモノとしては最大級。地上で生活していた。

トウキョウホタテ Mizuhopecten tokyoensis 第四紀 17cmの二枚貝類。

ジャイアントモア Dinornis maximus  体高3m 第四紀後期 ニュージーランドに1770年頃まで生息していた。

ホラアナライオン Panthera leo spelaea 第四紀 更新世 2.1mの肉食哺乳類。2015年に冷凍状態の子どもが発見された。

ナウマンゾウ(和名)  Palaeoloxodon naumanni 第四紀後期 5mの哺乳類。ゾウの仲間から進化し,アジアに生息していた。

パレオパラドキア Paleoparadoxia 新第三紀 3mの束柱類。

パレオトラグス Palaeotragus 新第三紀 1.7mの哺乳類。さいこのキリンと言われている。

リョコウバト passenger pigeon 全長40cmの鳥類。鳥類史上最も多くの数がいたと言われたが、人間の乱獲により1914年9月1日、最後の一羽の「マーサ」の死をもって絶滅した。

プロコプトドン Procoptodon 第四紀 3mの有袋類。

ヤベオオツノジカ(和名) Sinomegaceros yabei  第四紀後期 3mの哺乳類。日本に棲んでいた巨大なシカの仲間。

スミロドン Smilodon 第四紀 約300万 - 10万年前 2mのネコ科のほ乳類。24cmにもなる発達した犬歯が特徴。

アケボノゾウ  Stegodon auroae 第四紀 1.5mの長鼻類。

マチカネワニ Toyotamaphimeia machikanensis 第四紀後期 7~8mの爬虫類。背中に並ぶ鱗板骨が左右に長い長方形で平なのが特徴。

フクロオオカミ Thylacinus cynocephalus 体長1~1.3m オーストラリアのタスマニア島に生息した哺乳類。1936年に絶滅した。

ティラコレオ Thylacoleo carnifex 第四紀 1.7mの哺乳類。カンガルーと同じ有袋類。噛む力が強かった。

ホラアナグマ Ursus spelaeus 第四紀 更新世後期 2.8mの哺乳類。 現在のヒグマと似ている。

製作中…