恐竜図鑑です。

オルドビス紀 Ordovician period

エーギロカシス  Aegirocassis benmoulae オルドビス紀前期  2mのアノマロカリス類。一対のフィルター状の突起列で小さな生物を濾し取って食べていたと思われる。

アランダスピス Arandaspis オルドビス紀中期 0.1mの無顎類。 ヒレを持たず安定して泳ぐことができないため、海底付近をゆっくり泳いでいたと思われる。

ブラキオプテルス Brachyopterus オルドビス紀 4~5cmの節足動物。最も初期のウミサソリ類。

カメロケラス Cameroceras オルドビス紀 11mの肉食無脊椎動物軟体動物頭足類オウムガイ類。殻の中の体液を調節することで浮いたり沈んだりしていた。 

シンシナティクリヌス Cincinnaticrinus オルドビス紀 10cmの無脊椎動物棘皮動物ウミユリ類。他のウミユリ類と比べてがくが小さい。 

コノドント Conodont オルドビス紀 魚類

Dikelokephalina

エノプロウラ Enoploura popei オルドビス紀 7.4cmの無脊椎動物棘皮動物。海底を動き回っていたと考えられる。

フレキシカリメネ Flexicalymene オルドビス紀 1.5cmの三葉虫類。 エンロール(enroll)と呼ばれる防御姿勢のまま化石になった。

イソテルス Isotelus オルドビス紀 北アメリカ、イギリス、ロシア、中国 20cm~70cm以上 節足動物三葉虫類 頭部と尾部がなめらかな三葉虫で、大きさは最大級。

イソロフス Isorophus cincinnatiensis オルドビス紀 2.5cmの無脊椎動物棘皮動物座ヒトデ類。まんじゅうのような円盤の上にヒトデのような歩帯があった。 

メガログラプタス Megalograptus  オルドビス紀 アメリカ 91cmの肉食節足動物鋏角類ウミサソリ類 最も古いウミサソリ類。長いトゲが沢山ついた触手を持ち、熊手のように使っていたと思われる。

ペンテコプテルス   Pentecopterus decorahensis オルドビス紀 1.8mのウミサソリ類。発見されたものの中では最古。

プラティストロフィア Platystrophia オルドビス紀 2cmの無脊椎動物腕足動物。 二枚の殻のうち、一方は大きくへこみもう一方は大きく膨らんでいた。

ピクノクリヌ・ディエリ Pycnocrinus dyeri オルドビス紀 約7cmのウミユリ類。 

ラフィネスクイナ Rafinesquina オルドビス紀 3cmの無脊椎動物腕足動物 二枚貝に似ているが左右対称形であるのが特徴。

サカバンバスピス Sacabambaspis オルドビズ紀 ボリビアなど 25cmの無顎類翼甲類  この時代を代表する魚類で、体の前半部は甲冑で覆われ、尾の先には小さなヒレがあった。

製作中…