恐竜図鑑です。

  魚竜類・首長竜類 Ichthyosaurs・lesiosauria

ケレシオサウルス Ceresiosaurus 三畳紀中期 4mの海生爬虫類。

クリダステス Clidastes 白亜紀 3mの海生爬虫類。モササウルス科の中でも小型種。

クリプトクリドゥス Cryptoclidus ジュラ紀中期 4~8mの肉食魚竜 あまり速く泳げず待ち伏せなどで餌をとっていたと思われる。

キンボスポンディルスCymbospondylus 三畳紀中期~後期 10mの魚竜。魚竜の中ではもっとも胴が長い。

ダコサウルス  Dakosaurus ジュラ紀後期〜白亜紀初期 4mのワニ類。 学名が特定されるまでは、「ゴジラ」と言うニックネームで呼ばれていた。

エラスモサウルス Elasmosaurus 白亜紀後期 14mの肉食魚竜。 首がとても長いのが特徴。

ユーリノサウルスEurhinosaurus ジュラ紀前期 10mの魚竜。

フタバサウルス Futabasaurus 白亜紀 6.4~9.2mの爬虫類クビナガリュウ類。

ゲオサウルス Geosaurus ジュラ紀 3mの海生ワニ類。 Elasmosaurus 白亜紀後期 14mの肉食魚竜。 首がとても長いのが特徴。

グロビデンス Globidens

ゴロニオサウルス Goronyosaurus

ハアシアサウルス Haasiasaurus 最初期のモササウルス類。

イクチオサウルス Ichthyosaurus ジュラ紀前期 2mの魚竜。

ケイチョウサウルス Keichousaurus 三畳紀 30cmの爬虫類鰭竜類。

クロノサウルス Kronosaurus 白亜紀前期 9~12mの肉食魚竜。この種では首が短く、顎の力はティラノサウルス以上。

フォスフォロサウル ス・ポンペテレガンス Phosphorosaurus ponpetelegans 白亜紀 3m以下の魚竜。 立体的にものを見る両眼視ができ,夜行性だったと思われる。

ラリオサウルス Lariosaurus 三畳紀中期 0.3mの海生爬虫類。ノトサウルスの仲間では最小で首が短い。

リオプレウロドン Liopleurodon ジュラ紀中期〜後期 10~25mの肉食魚竜。当時の海の王者であった。

ミクソサウルス Mixosaurus 三畳紀中期 1mの水棲 爬虫類。 初期に現れた原始的なタイプの魚竜といえる。

モササウルス Mosasaurus 白亜紀後期 18mの肉食魚竜。現在のオオトカゲ類に近い。

ノトサウルス Nothosaurus 三畳紀 海生爬虫類

オフタルモサウルス Ophthalmosaurus ジュラ紀後期 4mの肉食魚竜。 直径10cmにもなる大きな目玉が特徴。

パンノニアサウルス Pannoniasaurus

ピストサウルス Pistosaurus 三畳紀 爬虫類

プレシオサウルス plesiosaurus 三畳紀後期〜ジュラ紀前期 5mの魚竜。

プラテカルプス Platecarpus 白亜紀後期 7mの海生爬虫類。 モササウルスの仲間。

プリオプラテカルプス Plioplatecarpus

ポリコティルス Polycotylus 白亜紀後期 5mの肉食魚竜。この種としては首が短い。

プログナソドン Prognathodon 白亜紀 10mの魚竜。獲物を骨ごと嚙み砕く協力な顎を持つ。

シャスタサウルス Shastasaurus 三畳紀後期 21mの海生爬虫類。海生爬虫類のなかでは史上最大と言われている。

スティクソサウルス Styxosaurus 白亜紀後期 12mの海生は忠類。

ショニサウルス Shonisaurus 三畳紀後期の水棲爬虫類で体長15m。上下に大きい体や大きな鰭が特徴的。

タニファサウルス・ミカサエンシス T. mikasaensis 白亜紀後期 日本名はエゾミカサリュウ。

タラットアルコンThalattoarchon 三畳紀前期 8.5mの海生爬虫類。現在のシャチやホオジロザメのような存在だったとされている。

ティロサウルス Tylosaurus 白亜紀後期 15mの肉食の海生爬虫類。モササウルス科では最大級。

ウタツサウルス  Utatsusaurus hataii  三畳紀前期 1.4~4mの魚竜。 背びれがなく原始的な魚竜の一つ。

ユングイサウルス Yunguisaurus 三畳紀 4mの爬虫類鰭竜類。