恐竜図鑑です。

新生代〜Cenozoic era

エティオケタス Aetiocetus

Allodesmus 新第三紀 2mの哺乳類。 アシカに似ているがアザラシに近い。

アンブロケタス Ambulocetus 古第三紀 3mの哺乳類。泳ぎ歩くクジラという意味の名前を持つ。半水棲の生活をしていた。

アンドリュウサルクスAndrewsarchus 古第三紀 モンゴル 3.5mの肉食哺乳類。 長い顎には大きな歯が並び、獲物を骨ごと噛み砕く事ができた。

アルディピテクス・ラミダス Ardipithecus ramidus 440万年前 120cm 50kg 人類最古の祖先とされている。

アルシノイテリウム Arsinoitherium 古第三紀 アフリカ 3mの哺乳類重脚類。V字型の骨でできた大きな角が特徴的。重脚類という現在は絶滅した哺乳類のグループに属している。

アウストラロピテクス Australopithecus 400~500万年前 120~140cm 初期の人類。

バシロサウルス Basilosaurus 古第三紀 20mのクジラ類。体が長く、頭部は小さい。小さな後ろ脚を持っている。

ボロファグス Borophagus  古第三紀 1mの哺乳類。 骨を嚙み砕くほどの頑丈な歯と顎を持っていた。

ブラマテリウム  Bramatherium 新第三紀 2.5mの哺乳類。キリンの仲間。

ブリグモフィセター Brygmophyseter

ダイアウルフ Canis dirus 第四紀  1.5mの哺乳類。史上最大のオオカミと言われている。

メガロドン Carcharocles megalodon 第三紀 13~20m

カルポレステス  Carpolestes nigridens 古第三紀 15cmの哺乳類。樹上生活をしていたサルの仲間の近縁。

ケトテリウム Cetotherium 新第三紀 5m ヒゲクジラの一種。

カリコテリウム Chalicotherium 新第三紀 2mの哺乳類。前脚がかなり長く拳を地面につけて歩くナックルウォークをしていたとみられる。

ケサイ Coelodonta antiquitatis

コティロカラ Cotylocara

キノディスムス Cynodesmus キノディクスカラ進化したイヌの祖先。ハイエナくらいの大きさ。

キノディクティス Cynodictis イヌの祖先。樹上でも地上でも生活できたと思われる。

Decennatherium rex

デイノテリウム Deinotherium    新第三紀 6mの哺乳類。下顎の牙が下向き伸び後ろに曲がっている特徴がある。

デスモスチルス Desmostylus 新第三紀 2.5mの哺乳類。奥の歯が、柱状のものを何本も束ねたような独特の形をしている。何を食べていたのかまだはっきりとしていない。

ディアコデキシス Diacodexis  古第三紀 35cmの植物食哺乳類。尾が長く、前後のあしの指が両方とも5本あった。

ドードー Dodo 人類によって絶滅させられたとされている。1681年に最後の姿が目撃されている。

ドエディクルス Doedicurus 新第三紀 南アメリカ 4mの哺乳類。完璧に武装した巨大な哺乳類で、アルマジロと同じ祖先をもつグループに属している。

ドルドン Dorudon 古第三紀 4.5~5.5m 現生のクジラと似ているが、後ろ脚があるのが特徴。

エラスモテリウム Elasmotherium 更新世 5mの哺乳類。頭から伸びた2mほどの大きな角が特徴。ユニコーンと間違われたりした。

エンテロドン Entelodon 古第三紀 ヨーロッパ、アジア1.9mの雑食哺乳類。ほおの部分が大きく出っ張っているのが特徴的。嗅覚にすぐれ土の中の植物の茎などを探し食べていた。

ガストルニス Gastornis 新生代 2.2mの恐鳥類。 肉食ではなく植物食だと見られている。

クリマコケラス  Climacoceras 新第三紀 1.5mの哺乳類。 ユニークな形の角を持っている。

グリプトドン Glyptodon 第四紀 1~3m アメリカ大陸で生息していたアルマジロの祖先。

ゴンフォテリウム  Gomphotherium 新第三紀 4mの哺乳類。ゾウの進化の中心にあり、ここから様々なゾウの仲間に進化した。

ヘスペロキオン Hesperocyon  古第三紀 40cmの哺乳類。樹上生活もできたイヌの遠い祖先の一つ。

ヒッパリオン Hipparion 中新世〜鮮新世 1.4mの哺乳類。 3本指の真ん中の指だけがひづめとして発達している。

ホモ・ハビリス Homo habilis 240~140万年前 最も初期のヒト属。

ホモ・ネアンデルターレンシス Homo neanderthalensis 35万年前〜2万数千年前 

ホモ・サピエンス・サピエンス Homo sapiens sapiens  現存する人類。

ホプロフォネウス  Hoplophoneus  古第三紀 1mの哺乳類。ネコとは親戚のような関係である。

ヒラコテリウム Hyracotherium 古第三紀 90cmの植物食ほ乳類。 現代の馬の最も古い祖先とされている。

インドヒウス Indohyus

インドリコテリウム Indricotherium 3600万~2400万年前 8mのほ乳類。史上最大の陸生哺乳類とされる。

クッチケタス Kutchicetus minimus 第三紀前期 1.75mの哺乳類。 クジラの仲間で、大半を水中で暮らしていた。

レプティクティディウム Leptictidium tobieni 第三紀前期  25~40cmの哺乳類。 尾と後ろ脚が長いのが特徴。ジャンプはあまり得意ではなく大股の駆け足をしていたと思われる。

リヴィアタン・メルビレイ Livyatan melvillei 中新世中期  最大17.5mのハクジラ類。上顎にも歯があり、その大きさは36cmにも達する。

マカイロドゥス Machairodus 新第三紀 2.5mの哺乳類。スミロドンより前に生息していた初期のサーベルタイガー。

マクラウケニア Macrauchenia 約700万年前から2万年前 3mの哺乳類。長い鼻が特徴的。発見者はチャールズ・ダーウィン。

マンモス Mammoth 約400万年前から1万年前頃に生息していたとされる大型ほ乳類。現在のゾウに比べて非常に長い牙が特徴的。

オオツノジカ(和名) Megaloceros 第四紀後期 3mの哺乳類。 非常に大きな角をもち,氷河期を代表する動物の一つ。

メガンテレオン Megantereon 新第三紀の鮮新世~第四紀の更新世 1.7mの哺乳類。 現在のジャガーに似ており、後にスミロドンに派生したと思われる。

メガテリウム Megatherium 第四紀 6mの哺乳類。ナマケモノとしては最大級。地上で生活していた。

ミアキス Miacis 古第三紀 20cmの哺乳類。現在のイヌとネコの共通の祖先と考えられている。

ジャイアントモア Dinornis maximus  体高3m 第四紀後期 ニュージーランドに1770年頃まで生息していた。

メリテリウム Moeritherium 古第三紀 2m 哺乳類 カバに似ているがゾウの仲間である。

ノタルクトゥス Notharctus 古第三紀 40cmの哺乳類。樹の枝を足でつかめる猿の祖先で,現在のキツネザルに似ている。

ホラアナライオン Panthera leo spelaea 更新世 2.1mの肉食哺乳類。2015年に冷凍状態の子どもが発見された。

パキケトゥス Pakicetus 古第三紀 パキスタン、インド  1.3mの哺乳類鯨偶蹄類ムカシクジラ類パキケトゥス科。最も古いクジラ類の一種です。 

ナウマンゾウ(和名)  Palaeoloxodon naumanni 第四紀後期 5mの哺乳類。ゾウの仲間から進化し,アジアに生息していた。

パレオトラグス Palaeotragus 新第三紀 1.7mの哺乳類。さいこのキリンと言われている。

パラミス Paramys 古第三紀 60cmの哺乳類 最も古いげっ歯類の仲間。

フィオミア Phiomia 古第三紀 短い鼻が特徴のゾウの祖先。

フォスファテリウム  Phosphatherium 古第三紀 60cmの哺乳類。最古のゾウの仲間で、カバのように半水棲の生活をしていた。

プリオヒップス Pliohippus 新第三紀 2mの哺乳類。 足の蹄が1本になった最初の馬で、現在の馬とほとんど姿は変わらない。

プロリビテリウム  Prolibytherium magnieri 新第三紀 1.8mの哺乳類。平で扇状の角が特徴的。

プセウダエルルス Pseudaelurus 新第三紀 120cmの哺乳類。スミロドンやライオンなどの直系の祖先と考えられている。

プラジオメネ Purajiomene 古第三紀 25cmの哺乳類。皮膜を使って滑空していたと思われる。

シザイルルス Schizailurus サーベルタイガーとは違う方向へ進化したネ科。

サイモケタス Simocetus

ヤベオオツノジカ(和名) Sinomegaceros yabei  第四紀後期 3mの哺乳類。日本に棲んでいた巨大なシカの仲間。

スミロドン Smilodon 約300万 - 10万年前 2mのネコ科のほ乳類。24cmにもなる発達した犬歯が特徴。

ステゴドン Stegodon 新第三紀〜第四紀 2~5mのゾウの絶滅群。日本ではアケボノゾウが有名。牙が外側にねじれている。

ストゥペンデミス Stupendemys geographicus 第三紀後期 2.4mの爬虫類。首を横に曲げて引っ込めるタイプで、淡水性のカメでは史上最大。

シバテリウム Sivatherium 新第三紀〜第四紀 2.2mの哺乳類。 キリンの仲間だが体型がどっしりとしている。

スクアロドン Squalodon

テレオケラス  Teleoceras major 第三紀後期 4mの哺乳類。カバのような姿だがサイの仲間。

マチカネワニ Toyotamaphimeia machikanensis 第四紀後期 7~8mの爬虫類。背中に並ぶ鱗板骨が左右に長い長方形で平なのが特徴。

ティラコレオ Thylacoleo carnifex 第四紀 1.7mの哺乳類。カンガルーと同じ有袋類。噛む力が強かった。

ティラコスミルスThylacosmilus 新第三紀 1mの哺乳類。サーベルタイガーの仲間であるが、カンガルーの仲間でもある。

トマークトゥス Tomarctus 現在のイヌの祖先。姿もイヌと似ている。

ウインタテリウム Uintatherium 古第三紀 3.3mの哺乳類。サイとは違う恐角類というグループに属している。

ホラアナグマ Ursus spelaeus 更新世後期 2.8mの哺乳類。 現在のヒグマと似ている。

製作中…